MG シナンジュ2

MGシナンジュのモノアイは小さく目立たないようなので、通常のHアイズとメタルテープを使って改修しても、光を拾わないので、今回は、LEDで発光させることにしました。

使用したのは、HIQさんの「ワンタッチLEDシリーズ」です。


シナンジュ3

電池BOXとスイッチのハーネスがそれほど長くないので、どうしても1箇所に集中して設置しないといけません。

スイッチ自体は小さいのですが、スイッチに繋がるハーネスが太くで曲がらないので、結果的に大きくなってますので、目立たなく固定して、尚、容易にスイッチの切替ができる場所を探すのに苦労しました。


電池BOX、スイッチ、ハーネスは、背部のブースタ上部と下部に設置しました。

ブースターの内部には、ブースターの開閉引出しギミックがあるので、邪魔にならないように干渉部分を削って加工してあります。

モノアイ部分は、首の可動と連動してるので、ギミックを活かしたままLEDを点灯するようになってます。

LEDのハーネスは、ブースターとバックパックの取り付け軸の内部を通して、バックパックと機体本体の取り付け部分、胸部、首を通って、モノアイまで行ってます。

まだ、モノアイ部分は仮に設置したので、微調整しますね。


ノーマルでは、ほとんどモノアイ部分の確認ができないので、LEDで点灯させるとカッコイイですね。
スポンサーサイト
category
電撃ホビーマガジン ガンプラ王決定戦2011 MG シナンジュ
Relation Entry

Comment

LEDって使うの難しそうなんですよね~。
今回の記事を見て、さらに敷居が上がった気がします。ヾ(>▽<)
しかし、流石に光った方がカッコいいですね・・・。
  • 2011⁄03⁄24(木)
  • 21:57

ガンプラ好きなお父さん

今回、初めてモノアイ部分にLEDを組み込みましたが、首の可動と連動を活かすようにしたので、面倒でしたがLED、スイッチ、電池BOXがsetになってるので、このシリーズは、なかなか良い製品です。
  • 2011⁄03⁄29(火)
  • 20:05

Trackback

http://inspiration777.blog13.fc2.com/tb.php/75-c3b82936