MGνガンダムver.ka 1

先週なんですけど、模型クラブのミーティング後に、お友達のモデラーさん達でエスタさん家に集まって、

恒例のプラモキャンプを楽しんできました。


お題は「マクロス」

とは、言っても僕なんか、νガンダム作ってましたが…



毎回、まじめに製作してるのは、エスタさんくらいですかねぇ~


見よ、このオリジナル、「トマホーク」

DSC_0135.jpg

脳内でイメージしたトマホークを、ジャンクパーツの箱の中からパーツを使って、一晩で完成させる。

しっかりと可動までさせるとは…このセンス…やはり、恐るべし!



僕はと申しますと……

これを持ち込みました

DSC_0134.jpg



立体型ボードゲーム 「クレイジークライマー」

僕の小学生の頃に流行した、アーケードゲームのクレイジークライマーのボードゲームです。

子供の頃に買ったのが、たまたま家にありました。今では、希少価値があって、オークションでも見かけないかも…(発売メーカーは、バンザイマークの“バンダイ”です)

およそ、30年ぶりくらいにプレイしましたよ

お子さんも一緒に混じって、一緒にプレイしたもんだから白熱した戦いで、めちゃめちゃ盛り上がりましたよ。

特に、今の子供達は、“ゲーム”と言えば、プレステ、Wiiなどを代表する家庭用のTVゲームやDS、PSPなどの携帯型ゲームしか知らないので、とてもアナログで面白かったんじゃないでしょうか?(笑)


また今度、製作会とか、おやじモデラー達の集まりで呑みながらプレイしたいですね。





さて、今回からMG νガンダムver.ka ダブルフィンファンネル仕様の製作です。


最近のver.kaは、上半身が小さく、脚が長いデザインになっていて、このνガンダムもユニコーンガンダム同様の改修が必要かもしれません。

νガンverka1


まずは、腹部の延長をしてバランスを取ります。

しかし、ココにはスライドギミックがあり、発動モード時に腹部が延長されてサイコフレームが露出するようになってます。なので今回は、発動モード固定で製作を進めることにします。

腹部は、最大で5mmくらいS字体型になるように延長。

胸部と腹部は、可動するのですが、内部の球体コクピットが干渉して、実際は、背中が反ることしか出来ませんので、干渉しないように、1mmプラバンを挟んで前後に可動するようにしてます。

腹部は、できるだけ細くして、シリンダーやメッシュホースなどで、ディテールupさせて、露出するようにしました。(一応、好みで装甲も取り付けできるようにしてあります。)

腹部の延長で、コクピットハッチが短くなったので延長して、形状を変更。

上半身が小さく感じたので胸部は、フレームを切って、2mm増幅させてます

胸部のダクトは、抜いてプラバンで4枚フィンを製作して、ダクト全体を前に0.5mm移動させてます。

首は長く感じたので、1mm短縮。

肩アーマーは、少し大型化して、肩アーマー位置を2mm上部に移動させてます。肩上部には、露出フレームを製作。

今後はスジボリ、凸凹モールドなどを追加していきます。






来月の静岡ホビーショーは、2日目の日曜日にみんなで行くことになったので、ブログや、twitterなどでお世話になっているモデラーさん達とお会いできるのを楽しみにしています。

展示はしませんが、2点ほど作品を持って遊びに行こうと思ってますので、ヨロシクお願いしますね。


スポンサーサイト
category
MG νガンダムver.ka
genre
趣味・実用
theme
ガンプラ制作
Relation Entry

Comment

Trackback

http://inspiration777.blog13.fc2.com/tb.php/149-043641ad