Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

プロトガーランド1

千葉しぼりさんの「ディフォルメ選手権」

色々とネタを考えてたんですが、当初はガンプラでと思ってたんですが、エントリーされてるモデラーさんが猛者ばかりで200名近くも参戦されてることを考えると、かなりのモノを製作しないと埋もれちゃうような気がしたので、ヤメました。

それに、SD自体が初めての製作なので、いつもより勝手が違って製作時間を多くとられることを考えると、シンプルな人型ロボを選択しようと考えました。

いろいろとガンプラ以外の人型ロボでネタを考えていたら、OVA メガゾーン23 part2に登場する、プロトガーランドを思いつきました。

netで検索してみると、プロトガーランドをディフォルメ化した立体模型を見かけないので、製作ネタとしては、カブる可能性もないかと・・・


ベースのkitは、各社でスケールが異なるのが発売されてますが、ディフォルメ化するので、変型は難しいので、オミットすることを考えると、変型オミットされたプロポーションバランスの優れたwaveの1/32プロトガーランドをベースにすることにしました。

proto1.jpg

プロポーションバランスとディテールが、とても良いのですが、可動範囲が狭くでポージングが決まらない・・・

最悪なのは、kitの精度がかなり悪いので、苦労します。

proto2.jpg

脚部は、脚長にみえるので、短縮させます。

メカのデザイン上、股関節部分がムキ出しなので、大腿部を残すことになるので、大腿部とスネで短縮。脚の後ろ側は、シリンダーなどのディテールがあるので、損なわないようにギリギリまでカット。

それでも、脚が長いので、ヒザと足首の関節の取り付け位置変更して、短縮させ、靴も薄くしてバランス調整しました。

もうちょっと、短くしたいのですが、ディテールを残したいので、これ以上は短縮できないので、開脚して「ハ」の字にして重心を下げるようにします。

proto4.jpg

上半身は、デザイン上、細身になっているんですが、胸部正面の面がシンプルなので、幅増しすると形状の違いがハッキリしちゃうので、0.5mmだけ増幅させました。

胸部が複雑な面構成になっていれば、もっと幅増しできるのですが、シンプルすぎて横だけ増幅させるとバランスが悪くなり縦にも増幅させないといけなくなるので、これ以上はできません。

それと、胸上部のクリアパーツや、テールランプのクリアパーツがあるため、クリアパーツ自体を延長できないのが幅増しできない理由でもあります。

上半身のボリュームがないので、両サイドの前輪タイヤの内側の肉抜きをプラバンで蓋をして、プラバンでディテールを入れて増幅させて、ボリュームを出してます。

kitのままだと、胸上部のクリアパーツ部分ですが、中がポリキャップやダボが丸見えなってます。

プロトガーランドの設定では、バイク時はヘッドライトとして機能してるので、プラバンで埋めて、2灯のヘッドライトを製作して再現してます。

proto3.jpg

プロトガーランドの頭部は、ディフォルメされたkitや商品がないので、スクラッチになります。

とは、言っても、いきなりプラバンで箱組みとなると、しっかりと明確なサイズがわかってないと製作できないので、遠回りで苦労しそうですが、SDジェガンの頭部をベースにして、バランスを見ながら形状を出すことにしました。

頭部センサー部分は、そのまま塗装して終わらせようと思ってたのですが、OVAの本編をみると、アップ画像で内部ディテールが描かれてたので、再現することにしました。

クリアパーツは、バルサ材で、型を製作して、透明プラバンをドライヤーを使ってヒートプレスする感じで製作。

頭部内には、LEDで間接的に光らせるように考えてます。

耳部分もセンサーがあるので、同時に光らせるようにと考えてます。





現在は、工作やディテールも追加して塗装中です。

ギリギリですが、なんとか当日、間に合うようにします。



↓の画像をクイックするとHPにジャンプします。




今回、千葉しぼりさんの展示会に行くわけですが、なにせ関東に行くのが、四半世紀ぶりでして・・・

会場でたくさんのモデラーさんとお会いできるのが楽しみです。

当日は、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
category
千葉しぼりディフォルメ選手権 SDプロトガーランド

RE ディジェ

初めて、REシリーズ製作しました。

このREディジェは、劇中とは違って、スタイリッシュになり、ハイディテールになってます。

今回の製作コンセプトとしては、劇中のような感じではなく、スタイリッシュなディジェを、よりスタイリッシュにして、バランスを整えて、フォルムを残しガンダムタイプ風のMSプロポーションに近づけて改修してます。

頭部の小型化。

胸部ダクトフィン製作して開放状態。

腕の位置を上げて、ボディー側に幅詰めさせて、上半身のボリュームを抑えてます。

腹部を延長して、蛇腹3段で引き締めてます。

腰廻りの各アーマーを延長、裏側にトラス風ディテールを追加。

ヒザの延長、フィンを作り直して、開放状態。

バックパックのバーニアを露出させてます。

動力パイプ類は、赤のメッシュホースとモビルパイプに変更。

バーニアは、アルミ製3ピースに変更など・・・

↓の画像をクイックするとHPにジャンプします。
多くの画像と詳細な改修画像などが、ご覧いただけます。


dijeh1.png

dijeh2.png

dijeh3.png
category
RE ディジェ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。