Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

1/100ガンキャノンⅡ2


いよいよ、バックパックの製作になります。

基本ノーマルのガンキャノンをベースにして、プラバンで箱組みです…

と言っても、そのまま1/144サイズをスケールアップさせては、ガンキャノン本体をスタイリッシュに製作してるので、バランスが良くなるようにサイズを変更して、イメージだけ似せるようにしました。

ガンキャノン3


しかし…ここで、あることに気付きました。

このまま、普通に箱組みしてしまったら、塗り分けが大変でマスキングばかりになる。

そして、前回の記事で、僕が発した言葉…

MGって、フレームがあってこその「マスターグレード」だと思うのよねぇ~
                     .
                     .
                     . 
MGって、フレームがあってこその「マスターグレード」だと思うのよねぇ~
                     .
                     .
                     .
MGって、フレームがあってこその「マスターグレード」だと思うのよねぇ~


などと、生意気なことをほざいてましたね…

言葉の重みと、圧し掛かる現実…(⌒_⌒; アセアセ

あの発言は、無かったことに…

しかし、軟弱者…軟弱者…軟弱者…

と、言われてしまう…ので………










※ ↓の画像をクイックする時は、恥ずかしがらずに声を出して言って下さい。

「各部、強制開放!」

ガンキャノン4

と、言うことで、マスターグレードらしく内部にバーニアなど色々とディテールを追加して、各部をOPENできるようにしました。シリンダーなどもストローク可動するようにしてます。

それと同時に、パーツ類は、バラバラになるようにして、内部フレーム、装甲などに分けてできるだけ塗装がラクになるようにしました。

このバックパックを製作してから、ビルダーズパーツの整備士のフィギュアを置きたくなったし、ガンキャノン本体の装甲もOPENしたくなってきた…


RIMG21676.jpg

バックショット。

1/144のガンキャノンⅡだと、バックパックは、リアアーマーが隠れるくらい大きいけど…

そのまま再現しちゃうと、縦長なバックパックになっちゃうので、全体的なバランスを考えて小型化しました。



まだまだ、工作が残ってるので、このままだと間に合いそうもない…



ずをコン

↓クイック

スポンサーサイト
category
1/100 ガンキャノンⅡ

1/100ガンキャノンⅡ2

連日、寒いですねぇ~


ガンキャノンⅡ2

ガンキャノンⅡの胸部なんですが、個人的にはあまり好みじゃないんですよねぇ~

まぁ、ココがガンキャノンⅡらしいところでもあるんですが…


というわけで、胸部は、ガンダムタイプ風に改修することにしました。

しかしながら、ガンキャノンのデザインは、画像左下のよう胸上部がなめらかに下がっていて、ダクトの形状も違ってますので、プラバンを貼って直線的にラインを変更して、ジャンクのMGガンダムのダクトを流用しました。

コクピット部分は、以前ボリューム不足を感じたのでプラバンで増したので、今後形状変更させます。

ガンキャノンⅡ3

プロポーションをを整えて、立ちポーズが決まるようにしたかったので、腹部を可動させるようにしました。

ボールジョイントを埋め込めば簡単なんですが…それではねぇ~


やっぱり、MGって、フレームがあってこその「マスターグレード」だと思うのよねぇ~

さらに言えば、フレームを使って適当に切ってボールジョイントを埋め込むってのも好きになれないです。


ということで、コアブロック部分は、機械的に画像ような感じで可動するのではないだろうか?という考えの元で改修可動させてみました。

可動は、ポリキャップとABS樹脂のランナーで行っています。

この改修で、S字体型や、元々ある上体を反らす射撃ポーズも再現できます。



ガンキャノンⅡ4


個人的にですが、ガンキャノンで好きなシーンといえば、劇場版ガンダムⅢ「めぐりあい宇宙」最初の方で、しゃがみこむくらいの姿勢でカタパルト発進するシーンです。

当時、このシーンを見た時は、ガンキャノンが2機C-108、C-109「ヌォォォォーーーーーー!」ってなりました。

後半にガンキャノンが3機?ってのも、よく覚えてましたけど(笑)


脱線してしまいましたが、この劇中のカタパルト発進ポーズに近づけるために、内部のコアブロックにスライド機構を追加して、より可動域を広めました。

股関節のスライド機構やつま先可動を追加すると、もうちょっと違うんだろうけどね…

今回は、これくらいで…


そもそも、製作しているのは、ガンキャノンⅡですから…映像化もされていないのにカタパルト発進シーンなんて関係ないのです(笑)


それにしても、ガンキャノンⅡと言ってますが、それらしく見えることろは、ほとんど無いのが現実です。

バックパック、キャノン、センサー、肩アーマーをスクラッチしなければ…話にならんね


ずをコン

↓クイック

category
1/100 ガンキャノンⅡ

1/100 ガンキャノンⅡ1

今回、初めて「ずをコン」に参加してみました。

参加者100名以上、とてつもないコンペになりそうで怖いですね…

みんな、本気モードだもん(笑)

映像化などされていない、MSというレギュレーションなんで、なにを製作しようか迷ったのですが、1stMSVのガンキャノンⅡを製作することにしました。

旧kitの1/144 ガンキャノンⅡとHGUCガンキャノンをミキシングするつもりでしたが…

ミキシング自体が、凄く困難なことに気付きました。仮に切り刻んでミキシングしても、僕の求めるプロポーションには程遠くなると思い断念。


そこで、1/144サイズでも大変な工作になって苦労するなら、1/100で製作しちゃえ~みたいな…

それにちょうど、ディテールup途中で放置してたMGガンキャノンがあったしね。

ガンキャノンⅡを、そのまま再現してもプロポーションなど気に入らないから、スタイリッシュなガンキャノンⅡを目指します。



ガンキャノンⅡ0


ガンキャノンⅡ1

個人的に、ガンキャノンやガンキャノンⅡのスリッパは、厚くて好みじゃなかったので、変更しました。

本当は、量産型ガンキャノンのスリッパが良いのですが、1/100サイズは無いのでMG GMカスタムを移植しました。くるぶし部分も加工して取り付けてます。

①スリッパを移植したら、脚が短くなったので、MG MG改のフレームをミキシングしてます。ガンキャノンは、ノーマルでも短足感があるので、スネ下を5mm延長してミキシングしてます。
膝アーマーは、MGガンダムver.1.5のフレームを幅増してミキシング。

②スネ下の装甲も同様に延長してます。
膝アーマーは、4mm増幅してます。ガンキャノンⅡの膝アーマー下部には、ダクトの設定があるのですが、バーニアに変更してます。
側面のグレネードラック部分は、ガンキャノンⅡのように形状を近づけてます。(クローズ状態)

③ノーマルのグレネードラックには、開閉ギミックがあるのですが、これを潰してしまうのは勿体無いので、開閉方向を変更してます。(ハーフオープン状態)

④(フルオープン状態)にすると、内部からバーニアが飛び出るようにして、ブースト状態になります。

⑤膝アーマーは、塗装が簡単にできるように、フレーム、装甲部分が取り外しできます。
膝アーマー裏は、ジャンクパーツで、ディテール追加してます。

まだ仮合わせの状態なので、こんな感じです。


それ以前に、外観もほとんど出来てないし、バックパックやキャノン砲も全く手付かずなのに、こんなギミックやってる場合じゃないよ(笑)

ずをコン

↓クイック


category
1/100 ガンキャノンⅡ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。