Entry Navigation
  • ガンプラ王2011
  • MG シナンジュ4
  • MG シナンジュ3
  • MG シナンジュ2
  • MGシナンジュ 1

ガンプラ王2011

秋ですねぇ~ずいぶんと涼しくなりました。

暑さでバテ気味になって、ガンプラ製作が進みませんでしたが、ここ数日は心地よく進みます。



さて、今年は、「ガンプラ王決定戦2011」に本格的に参戦するべく、3月くらいから、7月くらいまで、製作してました。

そして今週になって上位300名の作品がnetで発表されました。



製作したのは、MGシナンジュ と シナンジュ版のMS CAGEでして…


作品のタイトルは、「SINANJU ロールアウト!」

IMG_9042.jpg

電撃ガンプラ王決定戦2011


↑のリンク先に作品が紹介されてます。



一応、フィギュアなども置いてジオラマ風に飾ってありますが、シナンジュ単体でも飾れるようにと思い、双方を両立できるように製作してます。
そのため、フィギュアやコード類などは、すべて取り外し可能になっています。

画像では、判別できないのですが、シナンジュの後ろ側は、5階層にわけてあり、2機のエレベーター、エレベーターシャフト、オイルタンク×2、エアータンク、ツールBOX、冷却用機器、電源パネル、メンテナンス用機器などをスクラッチして、電源、冷却用の配管や配線などしてあります。
各階層や、階段、桟橋などには、落下防止の柵をプラ棒で製作して、手すりを真鍮線で製作してます。

4機の作業用ゴンドラと最上部にクレーンなどを製作して、全て可動、伸縮、収納できるようになってます。

他には、MSのロックシステムや、シッグナルランプ、手前上下4本の桟橋は、90度可動してMS発進時に邪魔にならないようになります

裏側には、ライフル、バズーカをロックできるようにして、側面には、シールドをロックできるようにしてます。

機体に繋がるコンジットやプラグ(カラーのリード線のこと)は、SEED系によくみられたのをイメージしてみました。

判別しにくいのですが、シナンジュ本体もかなり手を加えてあります。
いつもながらなスジ彫りで、パネルラインやモールド、見せフレームやダクトフィンなど全身のあちこちの施しました。モノアイは、LEDで点灯して、バーニアはすべてアルミ製に変更。
それと、各バーニアには、緑のメッシュホースなどで燃料系ホースとして繋いであります。

まだまだ説明しきれない部分がたくさんありますが、結果が出ましたら完全公開しますね。





現在、2年ぶりに地元開催されるモデラーズ☆サミット2に向けて、製作してます。

参加される方や、見学される方などと、お会いするのが楽しみです。

RIMG5121.jpg

僕のHPの「FACTORY」でネタバレしてたとおり、デルタプラス版ハミングバードで出撃予定です。

(間に合えばの話ですが…)


スポンサーサイト
category
電撃ホビーマガジン ガンプラ王決定戦2011 MG シナンジュ

MG シナンジュ4

体調がイマイチなんですが、少しずつでも進めてます。

とある、理由で完全公開はできないのですが…ちょっとだけよ


RIMG0861.jpg


メカニカルチェーンベースを、ベースにしてプラバン、プラ材、ジャンクパーツ、真鍮線などを使ってメンテナンス中をイメージした感じでディスプレイできるようにしました。

といっても、ディテールupさせたMGシナンジュ本体がメインなので、完全に固定したジオラマではなく、MGシナンジュ単体とメンテナンス中をイメージしたディスプレイを両立させて楽しめるようにしてあります。

その為、作業用クレーン4機やエレベーター2機などは、伸縮、可動、格納などできるようにしているので、思い通りに進みませんね…

心が折れそうになってますが、頑張って完成させますよ…
category
電撃ホビーマガジン ガンプラ王決定戦2011 MG シナンジュ

MG シナンジュ3

久しぶりの記事になります。

ちょっとばかり、体調を崩してたのでダウンしてました。


まぁ、元気なったんで、製作を開始しました。

シナンジュ5

今回は、シールドアタッチメントの改修です。

ノーマルのシールド固定では、アタッチメントのツメ部分でロックする感じになってるんですが、これでは、塗装ハゲしてしまいます。それにロックが甘く、二の腕をガードするスパイクとシールドが干渉して、ちょっと腕を動かすとシールドがすぐに外れてしまいます。
一応、二の腕をガードするスパイクとシールドを固定する機構があり、腕がフリーになるようになっていますが、それでは、好みのアクションポーズを再現できなくなるので、改修してこれらの難題を解決します。


改修は、左下腕に穴をあけて、差し込むようにしました。
この下腕のフレームは、ABS製なんで固定の強度には、十分です。
しかしながら、内部のビームサーベルの格納はオミットしました。

シールドのアタッチメントは、ノーマルを流用して延長し強度ボを上げるためにプラバンで厚みを出して、弱い部分には、真鍮線を通して強度を上げてます。
差込軸は、80度位置を変更して、軸の形状は、●ではなく■にして、遊びを無くしてシッカリ固定して塗装ハゲなど干渉しないようになっています。

位置を90度ではなく、中途半端な80度に変更した理由としては、通常の巣立ちのポーズでは、4枚目の画像のような腕の位置でポーズをとらせるので、90度にしてしまうとシールドが真横にならないためです。
その他の理由として、スパイク部分とシールドの干渉を無くすためでもあります。


腕の向きを変えると、下腕の厚みが違うので、アタッチメントの基部の高さをupして、干渉しないようにしてます。アタッチメント基部の差込軸は延長してあるので、シールド自体の回転もそのまま残してあります。
もちろん、アタッチメントの折りたたみ機能も活かしてあります。

二の腕のガードは、4枚目の画像の位置より下がらないようになっているんですが、このままでは、スパイクとシールドが干渉してしまうので、削りこんで、二の腕のガードが下がるように加工しました。

まぁ、今回は、腕部の形状が特殊なので、80度の位置で変更しましたが、一般的なガンダムタイプなどの直線的な形状な腕部などでは、使えませんね…


今月中には、完成させたいところです。
category
電撃ホビーマガジン ガンプラ王決定戦2011 MG シナンジュ

MG シナンジュ2

MGシナンジュのモノアイは小さく目立たないようなので、通常のHアイズとメタルテープを使って改修しても、光を拾わないので、今回は、LEDで発光させることにしました。

使用したのは、HIQさんの「ワンタッチLEDシリーズ」です。


シナンジュ3

電池BOXとスイッチのハーネスがそれほど長くないので、どうしても1箇所に集中して設置しないといけません。

スイッチ自体は小さいのですが、スイッチに繋がるハーネスが太くで曲がらないので、結果的に大きくなってますので、目立たなく固定して、尚、容易にスイッチの切替ができる場所を探すのに苦労しました。


電池BOX、スイッチ、ハーネスは、背部のブースタ上部と下部に設置しました。

ブースターの内部には、ブースターの開閉引出しギミックがあるので、邪魔にならないように干渉部分を削って加工してあります。

モノアイ部分は、首の可動と連動してるので、ギミックを活かしたままLEDを点灯するようになってます。

LEDのハーネスは、ブースターとバックパックの取り付け軸の内部を通して、バックパックと機体本体の取り付け部分、胸部、首を通って、モノアイまで行ってます。

まだ、モノアイ部分は仮に設置したので、微調整しますね。


ノーマルでは、ほとんどモノアイ部分の確認ができないので、LEDで点灯させるとカッコイイですね。
category
電撃ホビーマガジン ガンプラ王決定戦2011 MG シナンジュ

MGシナンジュ 1

ちょっと前まで、ファンヒーター無しで過ごせたのに、また寒さが帰ってきましたね。

日中は、ポカポカして気持ちいいのになぁ~



さて、MG モデラーズギャラリーさんの「MGC2」の発表がありましたね…(今頃、おそっ!)

結果をみてみたら、上位のほうにランキングされてました。このような結果を得られたのも


投票されていただいた方々、そして A-keiさん、MGC2に携わった方々のおかげだと思っています。

ありがとうございました。



あの「OOクアンタ」実は、製作依頼されたものでして…
以前より、ひいきにしていただいてるお客様が、色々と飾って遊んでいることを知っていたので、何とか喜んでもらえる作品にしようと考えた結果、あのような、光の演出で各モードで楽しめるコンセプトを思いつきました。

それにしても、スゴイ作品ばかりでしたねぇ~
コンセプトやオリジナリティー、精度…特に、上位の作品は素晴らしい~大変、勉強になりました。
機会があったら、また参加してみたいと思います。

模型コミュニティ【MG】ガンプラ|AFV|ジオラマ



さて、現在は、MGシナンジュを製作してます。

メニューは、毎度のようにハイディテール仕様、以前モデサミで製作したMGサザビーに似たディテールを予定。そして、MSデッキに飾ってあるような雰囲気になるようにと+αを考えてます。

シナンジュ1

とりあえず、脚部から攻めてみました。

足裏には、カカトにバーニア風のモールドなどを追加。

大腿部は、ラインを変更して、フレームのチラ見せ加工。
内部にはシリンダー追加しました。本来は、独立させてストロークさせるつもりでしたが、強度とストローク、スペースの関係上、ダミーとしました。
それでも、ヒザの動きと連動してるので、ヒザを曲げると、シリンダーが顔を出すくらい見えるようになります。

まぁ、こんな感じで進めていきますね。


それと、今日ユニコーンのガトリング付属雑誌を大人買いしてしまった…(汗)
category
電撃ホビーマガジン ガンプラ王決定戦2011 MG シナンジュ